WordPressアドレスとサイトアドレスの設定を間違えた時の対応まとめ!

WordPress

管理画面の「設定」⇒「一般」から確認できる「WordPressアドレス」と「サイトアドレス」の設定を間違えると、

  • 管理画面にログインできなくなる
  • サイトが表示されない

などのトラブルが起こります。

↓以下のアドレスの部分です。

設定を元に戻す方法を解説しますので、同じ状況で困っている人は、ぜひ参考にしてみてください。

慌てずに落ち着いて対応すれば、すぐに元に戻ります。

WordPressアドレスとサイトアドレスの設定を間違えた時の対応

「wp-config.php」に「define」のコードを追加する

WordPressのインストールフォルダにある「wp-config.php」に「define」のコードを追加してください(一番下でOK)。

「wp-config.php」にコードを追加する前に、いつでも戻せるようにバックアップを取っておいてください。
define('WP_SITEURL', 'http://ドメイン名');
define('WP_HOME', 'http://ドメイン名');

ドメイン名の部分は、ご自身が運営しているサイトのドメイン名に変更してください(例:abc.com)。SSL対応している場合は「http://」を「https://」にする必要があります。

これでサイトの表示が戻り、管理画面にログインできるようになるはずです。

ただし「define」では管理画面から「WordPressアドレス」と「サイトアドレス」を変更できない

「define」で管理画面にログインできても「WordPressアドレス」と「サイトアドレス」は変更できません。

↓以下のようにグレー表示になっていて編集できません。

つまり、この方法は一時的なもので「wp-config.php」からコードを削除すれば、また表示されなくなります。

完全に設定を元に戻すなら「wp-config.php」に「update_option」のコードを追加する

一時的ではなく、データベースに保存されているアドレスに関する情報を上書きしたいなら「update_option」を使用してください。

「wp-config.php」にコードを追加する前に、いつでも戻せるようにバックアップを取っておいてください。

「wp-config.php」に追加する「update_option」のコードは以下になります(一番下でOK)。

update_option('siteurl', 'http://ドメイン名');
update_option('home', 'http://ドメイン名');

これでデータベースのアドレスの情報が上書きされます。

サイトが問題なく表示され、管理画面の「WordPressアドレス」と「サイトアドレス」が指定したアドレスに変更されているのを確認できたら「update_option」のコードは削除しておきましょう。

最後に

WordPressアドレスとサイトアドレスの設定を間違えた時は、慌てずに落ち着いて対応してください。

サイトが壊れて、焦る気持ちは分かりますが、落ち着いて対応すれば、すぐに元に戻せます。

以上「WordPressアドレスとサイトアドレスの設定を間違えた時の対応まとめ!」でした!

それではまた。

コメント