WordPressのリビジョン(自動保存含む)を停止・制限する方法!

WordPress

リビジョンはとても便利な機能ですが、記事を編集するたびにリビジョンが溜まりサーバーに負荷を与える原因になります。

そこで、

  • リビジョンが残るのを完全停止する
  • リビジョンの数を制限する
  • リビジョンの自動保存を停止する
  • リビジョンの自動保存の間隔を設定する

の4つの方法を解説します。

リビジョンをある程度コントロールしたい人は、ぜひ試してみてください。

WordPressのリビジョンを停止・制限する方法

リビジョンを完全停止する手順

WordPressのインストールフォルダにある「wp-config.php」に以下のコードを追加してください。

define('WP_POST_REVISIONS', false);
「require_once(ABSPATH . ‘wp-settings.php’);」より上に追加する必要があります。

↓「wp-config.php」にコードを追加したことで、リビジョンは表示されなくなりました。リビジョンを停止している間はリビジョンは保存されません。

「wp-config.php」を編集する時は、必ずバックアップを取っておいてください。

リビジョンに保存される数を制限する手順

同じく「wp-config.php」にコードを追加します。

例) リビジョン数を「5」に制限する場合のコードは以下です。

define('WP_POST_REVISIONS', 5);

↓何度、記事を編集しても「5」以上のリビジョンは保存されなくなりました。常に最新の5件のリビジョンが保存されます。

「require_once(ABSPATH . ‘wp-settings.php’);」より上に追加する必要があります。

リビジョンの自動保存を停止する手順

リビジョンの自動保存を停止するには「functions.php」にコードを追加します。

「functions.php」の一番下に以下のコードを追加してください。

<?php
    function disable_autosave() {
    wp_deregister_script('autosave');
    }
    add_action( 'wp_print_scripts', 'disable_autosave' );
?>
「functions.php」を編集する時は、必ずバックアップを取っておいてください。

リビジョンの自動保存の間隔を設定する

「wp-config.php」にコードを追加します。

例) 10分ごとに自動保存させる場合、「10分 × 60秒 = 600秒」となります。

define('AUTOSAVE_INTERVAL', 600 );
「require_once(ABSPATH . ‘wp-settings.php’);」より上に追加する必要があります。

最後に

リビジョンは便利な機能ですが、溜め過ぎるとサーバーに負荷を与えてしまいます。

ご自身の運営状況によって臨機応変にリビジョンをコントロールするようにしてください。

以上「WordPressのリビジョン(自動保存含む)を停止・制限する方法!」でした!

それではまた。

コメント