WordPressのブロックエディタを以前のクラシックエディタに戻す方法を解説!

WordPress

WordPressのブロックエディタを旧エディタのクラシックエディタに戻す方法についてまとめてみました。

エディタが切り替わる原因はWordPress5.0のアップデート

エディタが切り替わったのは、WordPress5.0(2018年12月6日にリリース)のアップデートが原因です。

最新バージョンであるWordPress5.0では、ブロックエディタがデフォルトのエディタとなりました。

↓以前と比べると全く投稿画面が違います。

正直、新エディタであるブロックエディタは、かなり使いにくいです。新しく記事を投稿するにも時間が掛かります。

そこで新エディタから旧エディタに戻すことにしました。

以前のエディタ(クラシックエディタ)に戻す方法

以前のエディタに戻すのは、とても簡単です。

下記の2通りの解決法があります。

  • 「Classic Editor」プラグインをインストール
  • 「Disable Gutenberg」プラグインをインストール
  • 「functions.php」にコードを追加する

それぞれの方法を確認してみましょう。

【解決法.1】「Classic Editor」をインストール

↓管理画面へログインし「プラグイン」⇒「新規追加」をクリックしてください。

↓「プラグインのインストール」画面が開きますので、「検索」の入力部分へ「classic editor」と入力し、検索してください。

↓検索一覧に「Classic Editor」が表示されますので「いますぐインストール」をクリックしてください。

↓プラグインがインストールされますので「有効化」をクリックしてください。

↓プラグインの一覧に戻りプラグインが有効化されているのを確認してください。

以上でインストール完了です。

エディタが戻っているか投稿画面をチェックしてみましょう。

↓問題なく、以前のエディタに戻っていました。ひとまず安心です。

管理画面からエディターの変更が可能

「Classic Editor」プラグインは管理画面から「クラシックエディター」と「ブロックエディター」の切り替えが可能です。

↓管理画面の「設定」⇒「投稿設定」⇒「すべてのユーザーのデフォルトエディター」から選択できます。ユーザーによって切り替えの許可も与えれます。

【解決法.2】「Disable Gutenberg」をインストール

インストールの手順は「Classic Editor」プラグインと同じです。上記を参考にしてください。

推奨は「Classic Editor」プラグインですが、「Disable Gutenberg」の方が軽いです。

【解決法.3】「functions.php」にコードを追加する

↓管理画面の「外観」⇒「テーマエディター」をクリックしてください。

↓「テーマファイル」⇒「functions.php」をクリックしてください。

↓以下のコードを「functions.php」に追加してください。他のコードに影響を与えないように一番下へ記述するのが無難です。

add_filter('use_block_editor_for_post', '__return_false', 10);

↓記述ミスがないか十分に確認し「ファイルを更新」をクリックしてください。

「functions.php」はWordPressの関数の集まりで、とても重要なファイルです。修正する時は必ずバックアップを取るようにしてください。記述ミスがあればサイトが表示されなくなります。

↓問題なく、以前のエディタに戻っていました。ひとまず安心です。

最後に

3通りの切り替え方法をご紹介しましたが、「functions.php」を直接触るより、プラグインでの対応をオススメします。

慣れの問題かもしれませんが、しばらくはクラシックエディタを使用します。世の中に浸透してきてから、ブロックエディタに切り替えても遅くありません。

Classic Editorプラグインは2021年12月31日までしかサポートされません。

以上「WordPressのブロックエディタを以前のクラシックエディタに戻す方法を解説!」でした!

それではまた。

コメント