WordPressのブロックエディタを以前のクラシックエディタに戻す方法!

WordPress

WordPressのブロックエディタをクラシックエディタに戻す方法についてまとめてみました。

エディタが切り替わる原因はWordPress5.0のアップデート!

エディタが切り替わったのは、WordPress5.0のアップデートが原因です。

最新バージョンであるWordPress5.0では、ブロックエディタがデフォルトのエディタとなりました。

↓以前の全く投稿画面が違います。

正直、新エディタであるブロックエディタは、かなり使いにくいです。新しく記事を投稿するにも、かなり時間が掛かります。

そこで、新エディタから旧エディタに戻すことにしました。

以前のエディタ(クラシックエディタ)に戻す方法!

以前のエディタに戻すのは、とても簡単です。「Classic Editor」プラグインをインストールするだけです。

実際にインストールし、設定してみましょう。

「Classic Editor」をインストール!

↓管理画面へログインし「プラグイン」⇒「新規追加」をクリックしてください。

↓「プラグインのインストール」画面が開きますので、「検索」の入力部分へ「classic editor」と入力し、検索してください。

↓検索一覧に「Classic Editor」が表示されますので「いますぐインストール」をクリックしてください。

↓プラグインがインストールされますので、「プラグインを有効化」をクリックしてください。

↓プラグインの一覧に戻りプラグインが有効化されているのを確認してください。

以上でインストール完了です。

エディタが戻っているか投稿画面をチェックしてみましょう。

↓問題なく、以前のエディタに戻っていました。ひとまず安心です。

最後に!

慣れの問題かもしれませんが、しばらくはクラシックエディタを使用します。世の中に浸透してきてから、ブロックエディタに切り替えても遅くありません。

以上「WordPressのブロックエディタを以前のクラシックエディタに戻す方法!」でした!

それではまた。

コメント