WordPressのテキストエディタから不要なボタンを削除する手順まとめ!

WordPress

WordPressのテキストエディタから不要なボタンを削除する手順について解説します。

↓テキストエディタの以下のボタンを削除します。

WordPressのテキストエディタから不要なボタンを削除する手順

functions.phpにコードを追加することで不要なボタンを削除できる

「functions.php」に以下のコードを追加(一番下でOK)すれば、テキストエディタのボタンを削除することができます。

「functions.php」にコードを追加する時は必ずバックアップを取っておいてください。
function custom_quicktags_settings( $qtInit ) {
  $qtInit['buttons'] = ',';
  return $qtInit;
}
add_filter( 'quicktags_settings', 'custom_quicktags_settings' );

表示を確認するとテキストエディタの全てのボタンが削除されています。

一部のボタンを残したい場合

以下のコードに表示したいコードを付け加えることで対応できます。

$qtInit['buttons'] = ',';

各ボタンに対応するコードは以下になります。

bstrong
iem
linklink
b-quoteblock
deldel
insins
imgimg
ulul
olol
lili
codecode
moremore
タグを閉じるclose
dfw集中執筆モード

例) テキストエディタに「b」「i」ボタンを残したい場合

$qtInit['buttons'] = 'strong,em,';

のコードを追記してください。

表示を確認すると「b」「i」ボタンのみが残っています。

プラグインで追加したボタンは削除できない

あくまで上記のコードで削除できるのはテキストエディタのデフォルトのボタンだけです。プラグインなどで追加したボタンは残ります。

最後に

ご自身が使いやすいエディタになるように調整してください。不要なボタンを削除することで作業時間の短縮につながります。

以上「WordPressのテキストエディタからボタンを削除する手順まとめ!」でした!

それではまた。

コメント