WordPressの「Contact Form 7」をPHPファイルに直接埋め込む方法!

WordPress

WordPressの「Contact Form 7」をPHPファイルに直接埋め込む方法を解説します。

ショートコードを使えば簡単に対応できます。ぜひ参考にしてみてください。

WordPressの「Contact Form 7」をPHPファイルに直接埋め込む方法

「Contact Form 7」のコードを以下のテーマ内のPHPファイルに、直接埋め込みたいケースもあります。

  • home.php
  • header.php
  • footer.php
  • archive.php
  • page.php
  • single.php
  • sidebar.php
  • category.php
  • search.php
  • searchform.php
  • 404.php

ですが以下のコードを、そのまま貼り付けると、

[contact-form-7 404 "Not Found"]

コンタクトフォームは表示されず、コードが表示されてしまいます。

↓PHPファイルにコードを貼り付けた結果が以下です。そのままコードが表示されてしまいます。

WordPressのショートコードを使用し、コンタクトフォームを表示させる

WordPressのショートコードである「do_shortcode()関数」を使えば、コンタクトフォームは表示されます。

↓以下のように「do_shortcode()」の中に「Contact Form 7」のコードを記述してください。

<?php echo do_shortcode('[contact-form-7 404 "Not Found"]'); ?>
「id」と「title」はご自身の「Contact Form 7」のコードに合わせてください。

↓表示を確認すると以下のようにコンタクトフォームが表示されるようになります。

必ずPHPファイルのバックアップを取っておくのと、最後にフォームの動作に問題がないかチェックしておきましょう。

最後に

ショートコードを使えば、WordPressのどこにでも「Contact Form 7」を表示させられます。WordPressの利用の幅が広がりますので、ショートコードの使い方を覚えておいてください。

以上「WordPressの「Contact Form 7」をPHPファイルに直接埋め込む方法!」でした!

それではまた。

コメント