「Better Delete Revision」を使用して不要なリビジョンを削除する!

こんにちは!

WordPressのリビジョンってご存じですか?
あまり聞かない言葉ですが、リビジョンとは記事を編集するたびに、履歴が保存されていくデータのことです。

↓こんな感じで投稿画面の下の方に表示されています。

このデータがあれば、編集前のデータに戻すことも可能なので、非常に便利な機能なのですが、その分データベースに不必要なデータが増えていきます。サーバーの容量にも限界があるので、定期的に必要のないデータは削除した方が良いと思います。

そんな時に使えるのが、「Better Delete Revision」プラグインです。今回は「Better Delete Revision」プラグインについて記事にしたいと思います。

「Better Delete Revision」とは?

「Better Delete Revision」とは不必要なリビジョンを一括で削除してくれるプラグインです。記事数が多く定期的に運営しているブログになればなるほど、リビジョン数は多くなります。

改めてブログの記事を確認すると、想像以上にリビジョン数は多いです。データベースを圧迫する前に不必要なリビジョンは削除しておきましょう。

「Better Delete Revision」をインストール!

管理画面から「Better Delete Revision」をインストールしてみたいと思います。

「Better Delete Revision」をインストール!

↓管理画面へログインし「プラグイン」⇒「新規追加」をクリックしてください。

↓「プラグインのインストール」画面が開きますので、検索の入力部分に「Better Delete Revision」と入力し「プラグインの検索」をクリックしてください。

↓検索一覧画面の「Better Delete Revision」の「いますぐインストール」をクリックしてください。

↓「本当にこのプラグインをインストールしてもいいですか?」の画面が表示されますので「OK」をクリックしてください。

↓「Better Delete Revision」がインストールされますので「プラグインを有効化」をクリックしてください。

↓プラグインの一覧画面に戻り「Better Delete Revision」が有効化されたのを確認できます。

以上で「Better Delete Revision」のインストールと有効化が完了しました。

リビジョンからデータを戻してみる!

実際にリビジョンからデータを戻してみたいと思います。

↓まずは以下のように記事を投稿します。

↓投稿部分の「リビジョンのテスト!」に「追加リビジョンのテスト!」とテキストを追加します。「更新」すると投稿の下にリビジョンが表示されます。

↓リビジョンの戻したいデータのリンクをクリックします。

↓現在のデータの情報が表示されます。

↓スライダーを左に移動させると、戻したいデータが確認できます。スライダーを移動させると「この自動保存を復元」のボタンがクリックできるようになりますので、戻したいデータでクリックしてください。

↓投稿エディタに戻るとデータがもとに戻っていることが確認できます。

リビジョンがあれば、過去のデータに戻せますので便利ですね。

実際にリビジョンを削除してみる!

次に実際にリビジョンを削除してみたいと思います。

↓管理画面の「設定」⇒「Better Delete Revision」をクリックしてください。

↓「Better Delete Revision Manager」画面が開きますので「Check Revision Posts」をクリックしてください。

↓「Yes. I would like to delete them!」をクリックしてください。

↓実際にリビジョンが削除されました。

↓投稿画面を確認するとリビジョンが削除されています。

以上、リビジョンの削除が完了しました。

最後に!

プラグインを導入すれば、リビジョンは簡単に削除できます。リビジョンを削除できたら、プラグインは一旦削除しても良いのではないかと思います。ほとんど使わないプラグインがあれば、WordPressが遅くなってしまいますし、セキュリティ的にも問題がありますので。

以上「「Better Delete Revision」を使用して不要なリビジョンを削除する!」でした!

それではまた。

コメント