Twitterのツイートを一括で全部消す方法!「黒歴史クリーナー」で一括削除!

Twitter

当サイトのTwitterのツイートを一括で削除しようとしたのですが、公式サイトからでは1件ずつしか削除できませんでした。

300件近いツイートがあり、1件ずつ削除するのは大変だったので、外部サービスである「黒歴史クリーナー」を使用して一括削除しました。

同じようにツイートを一括削除したいと考えている人のために、「黒歴史クリーナー」の使い方を解説します。ぜひ参考にしてみてください。

「黒歴史クリーナー」でツイートを一括削除する手順

まずは「黒歴史クリーナー」のサイトを開いてください。

【手順.1】黒歴史クリーナーと連携する

↓黒歴史クリーナーのサイトが開きますので「ツイッターでログイン」をクリックしてください。

↓ツイートを削除したいアカウントの「ユーザ名」と「パスワード」を入力し、「ログイン」をクリックしてください。

↓ログインすると以下のような削除設定ページが開きます。

ログインできた時点で「黒歴史クリーナー」と連携できています。

【手順.2】ツイートの削除範囲を設定

ツイートの削除範囲を設定します。

↓「ツイートの取得方法」は、タイムラインからツイートを取得し、新着3,200件のツイートを削除できます。

以前はツイートが3,200件よりも多い場合は「全ツイート履歴」の項目があり、全ツイートを削除できましたが、現在は停止し、3,200件が上限です。

↓「削除オプション」は「リプライ(返信)」と「ふぁぼられ(お気に入り)」の保護ができ、日付の指定も可能です。

↓「通知設定」は「黒歴史クリーナー」を使った後に自動的に表示されるメッセージを指定できます。

「黒歴史クリーナー」の使用を人に知られたくない人は、メッセージを編集しておくか、自動投稿後にメッセージを手動で削除してください。

↓削除範囲の設定に問題がなければ「削除を開始する」をクリックしてください。

↓「ツイートを取得中」の画面に切り替わりますので、完了するまで少し待ちましょう(削除する件数により数分掛かることもあります)。

↓「完了」と表示されたらツイートの削除完了です。結果を確認するために「結果を見る」をクリックしてください。

↓「処理結果」の画面が確認できます。「DONE」をクリックすると「黒歴史クリーナー」のトップに戻ります。

【手順.3】ツイートが削除されたか確認

本当にツイートが全削除されているかTwitterをチェックしてみます。

↓ツイートが全て削除されているのが確認できます。

 

以上です。

手順はとても簡単ですが、一度削除すると二度と元には戻せないので、ご注意ください。

「黒歴史クリーナー」の利用時の注意点

「黒歴史クリーナー」の利用時の注意点は、

  • 2回目の利用は一定の期間を空ける必要がある
  • ピンポイントでツイートを残すことができない
  • 削除できない時がある

の2点です。

【注意点.1】2回目の利用は一定の期間を空ける必要がある

2回目の利用は一定の期間を空ける必要があります。最低でも2週間以上は空けるようにしましょう。

【注意点.2】ピンポイントでツイートを残すことができない

「リプライ(返信)」と「ふぁぼられ(お気に入り)」、日付で削除設定が可能ですが、ピンポイントでツイートを残すことはできませんので、ご注意ください。

【注意点.3】削除できない時がある

削除が完了と表示されたのに、ツイートが削除されていないことがあります。はっきりとした原因が分かりません。運が悪かったと諦めて、他の削除ツールを利用するようにしてください。

最後に

「黒歴史クリーナー」を使えば、簡単にTwitterのツイートをまとめて削除できます。ただし一旦削除すると元には戻せませんので、ご注意ください。

以上「Twitterのツイートを一括で全部消す方法!「黒歴史クリーナー」で一括削除!」でした!

それではまた。

コメント