WordPressのテキストエディタを非表示にする方法まとめ!

WordPress

WordPressのテキストエディタを非表示にする方法を解説します。

クラシックエディタ利用時の対応方法です。

WordPressのテキストエディタを非表示にする手順

WordPressのテーマ内にある「funciton.php」にコードを追加するだけです(一番下でOK)。

「funciton.php」はとても大事なファイルなので、コードを追加する前にバックアップを取っておいてください。

全ての投稿タイプのテキストエディタを非表示にする

「funciton.php」に以下のコードを追加してください。

add_filter( 'wp_editor_settings', function ( $settings ) {
  if ( user_can_richedit() )
    $settings['quicktags'] = false;
  return $settings;
});

↓コードを追加する前の状態です。投稿ページ・固定ページの両方にテキストエディタが表示されています。

↓コードを追加後、投稿ページ・固定ページの両方のテキストエディタが非表示になっています。

投稿ページのみテキストエディタを非表示にする

「funciton.php」に以下のコードを追加してください。

add_action( 'load-post.php', 'disable_html_editor_in_post' );
add_action( 'load-post-new.php', 'disable_html_editor_in_post' );
function disable_html_editor_in_post() {
  global $typenow;
  if ( $typenow == 'post' ) {
    add_filter( 'wp_editor_settings', function ( $settings ) {
      if ( user_can_richedit() )
        $settings['quicktags'] = false;
      return $settings;
    });
  }
}

↓コードを追加する前の投稿ページ状態です。テキストエディタが表示されています。

↓コードを追加後、投稿ページのテキストエディタが非表示になっています。

固定ページのみテキストエディタを非表示にする

「funciton.php」に以下のコードを追加してください。

add_action( 'load-post.php', 'disable_html_editor_in_post' );
add_action( 'load-post-new.php', 'disable_html_editor_in_post' );
function disable_html_editor_in_post() {
  global $typenow;
  if ( $typenow == 'page' ) {
    add_filter( 'wp_editor_settings', function ( $settings ) {
      if ( user_can_richedit() )
        $settings['quicktags'] = false;
      return $settings;
    });
  }
}

↓コードを追加する前の固定ページ状態です。テキストエディタが表示されています。

↓コードを追加後、固定ページのテキストエディタが非表示になっています。

 

WordPressの「ビジュアルエディタ」と「テキストエディタ」を交互に開くとサイトが崩れることがあります。

普段、「ビジュアルエディタ」しか利用しない人は「テキストエディタ」を非表示にしておいた方が安全です。

最後に

「funciton.php」にコードを追加する時は必ずバックアップを取り、エラーが出た時はすぐに修正できるようにしておいてください。

以上「WordPressのテキストエディタを非表示にする方法まとめ!」でした!

それではまた。

コメント