「hostsファイル」でDNS切り替え前のサイトを確認する方法!

WEB制作

「hostsファイル」を編集することで、ご自身のパソコンのブラウザからのみ、DNS切り替え前のサイトを確認できるようになります。

サイトのリニューアルなどで、新サーバーに構築した新サイトの動作を確認したい時に役立ちます。

具体的に「hostsファイル」の設定手順について解説しますので、ぜひ参考にしてみてください。

「hostsファイル」とは?

ウィキペディアで確認すると以下のように説明されています。

hosts(ホスツ)とは、TCP/IPを利用するコンピュータにおけるホスト名のデータベースで、IPアドレスとホスト名の対応を記述したテキストファイルである。

PCのシステムファイルの一つで、とても大事なファイルなので、編集は自己責任で行ってください。事前に「hostsファイル」のバックアップは取っておいてください。

「hostsファイル」ではなく、各サーバーの動作確認URLでも良いのでは?

サーバーによっては、DNS切り替え前の新サイトを確認するために「動作確認URL」という機能がありますが、WordPressなどの一部のプログラムで正常にサイトを確認できないことがあります。

私が過去にサーバー移転をした時は「動作確認URL」では、WordPressの管理画面にログインできないことがあったので、新サイトの確認は「hostsファイル」の方が確実です。

「hostsファイル」の設定手順

「hostsファイル」の設定手順を確認してみましょう(Windowsで説明します)。

【手順.1】メモ帳を開く

↓PCの「スタート」ボタンをクリックし「Windowsアクセサリ」をクリックしてください。

↓「Windowsアクセサリ」の中に「メモ帳」があるので右クリックし、「その他」⇒「管理者として実行」をクリックしてください。

管理者が管理しているPCを利用している場合、セキュリティの関係で編集できるファイルに制限が掛かっている可能性があります。メモ帳を「管理者として実行」として開くことで編集が可能になります。

↓「このアプリがデバイスに変更を加えることを許可しますか?」のダイアログが開くので「はい」をクリックしてください。

↓メモ帳が開いたはずです。

【手順.2】「hostsファイル」にアクセス

↓メモ帳の「ファイル」⇒「開く」をクリックしてください。

↓「C:\Windows\System32\drivers\etc\hosts」をコピーし、フォルダのパスが表示されているところに張り付けて、矢印をクリックしてください。

OSの種類とバージョン「hosts」の場所
Windows7C:\Windows\System32\drivers\etc\hosts
Windows8C:\Windows\System32\drivers\etc\hosts
Windows10C:\Windows\System32\drivers\etc\hosts
Mac OS X/etc/hosts/

↓「このファイルを開く方法を選んでください。」のダイアログが開くので「メモ帳」を選択し「OK」をクリックしてください。

↓これで「hostsファイル」が開きます。

【手順.3】「hostsファイル」の編集

↓「hostsファイル」の一番下に新サーバーの「IPアドレス」と「独自ドメイン名」を入力し保存してください。

  • xxx.xxx.xxx.xxx test.com

ドメインの部分に「http://」は必要ありません。「www」を付けてサイト運営しているなら「www.test.com」になります。

「IPアドレス」は新サーバーの管理画面から確認してください。当サイトの場合「IPアドレス」は「157.112.152.48」になります。

【手順.4】DNS切り替え前のサイトが表示されるか確認

WEBブラウザを立ち上げ、普通に「http://ドメイン名/」でアクセスしてください。新サーバーで構築したサイトが表示されているはずです(「hostsファイル」の反映に時間が掛かることもあります)。

サイトの表示確認ができたら、再度「hostsファイル」を開き、一番下に記載した「IPアドレス」と「独自ドメイン名」を削除し、ファイルを初期状態に戻しておいてください。

最後に

設定は「hostsファイル」をメモ帳で開き、「IPアドレス」と「独自ドメイン名」を追記するだけなので簡単です。

サーバーを移転する機会があれば、ぜひ試してみてください。

以上「「hostsファイル」でDNS切り替え前のサイトを確認する方法!」でした!

それではまた。

コメント