無料サーバーのホスティンガーはサテライトサイトに最適!

こんにちは!

サテライトサイト用に使えそうな無料サーバーを日々、探しているのですが、以前に紹介した「Xdomain」「WPblog」以外に、WordPressも使える「Hostinger(ホスティンガー)」という無料サーバーを見つけましたので、ご紹介したいと思います。

通常、無料なら広告やバナーが付きますが「Hostinger」は100%広告なしで使用できます(こんなサービスもあるんですね)。独自ドメインも使えますし、サーバー代も節約できるので、これから重宝しそうなサービスです。

安定感が良くないのが気になるところですが、サテライトサイト用なので気にするのをやめました。

Hostinger(ホスティンガー)の登録!

「Hostinger」へ登録!

↓まずは「Hostinger」のサイトへアクセスしてください。

↓サイトが開きますので「レンタルサーバー」をクリックしてください。

↓「レンタルサーバー」の画面が開きますので「無料プラン」の「今すぐ登録!」をクリックしてください。

↓「登録フォーム」に必要事項を入力し「アカウント登録」をクリックしてください。

↓「管理画面」へログインしている状態ですが、まだ登録は完了していません。登録しているメールアドレス宛にアカウント有効化のリンクが付いたメールが届いていますので確認後、クリックして有効化してください。

↓メールのリンクをクリックし「管理画面」に「登録が完了しました!アカウントを作成して頂けます。」が表示されていれば、登録が完了です。

レンタルサーバーアカウントの取得!

↓「管理画面」トップの「新たなレンタルサーバー」をクリックしてください。

↓「レンタルサーバー・プランを選択する」画面が表示されますので、「Free」を選択してください。

↓「ドメインとパスワードを入力」する画面が表示されます。今回は独自ドメインを使用しますので、「ドメインの種類を選択」を「ドメイン」に変更し(入力ボックスの部分をクリックすると変わります)、設定する「ドメイン」と「パスワード」を入力し「次へ進む」をクリックしてください。

↓入力した内容を確認し、問題がなければ「キャプチャ」の入力と「利用規約に同意する」にチェックした後に「注文」をクリックしてください。

↓「レンタルサーバーアカウントのリスト」に設定したドメインが追加されていれば、アカウントは正常に作成されています。

登録しているメールアドレス宛に、「無料アカウントが有効になりました」というタイトルのメールが届いているはずです。「アカウント」「ログイン」「サーバー」の情報が記載されていますので、大事に保存しておいてください。

後でネームサーバーを変更するのに「サーバー」に記載されている情報が必要になります。

ホスティンガー用へネームサーバーを変更!

続いて「WordPress」をインストールしたいところですが、その前に独自ドメインのネームサーバーを「Hostinger」に向けて変更する必要があります。ネームサーバーを先に変更させないと、「WordPress」もインストールできません。今回は「Xdomain」で取得したドメインのネームサーバーを変更します。

ドメインのネームサーバーを変更!

↓「Xdomain」にアクセスしてください。そしてログインボタンをクリックし「管理パネルログイン」画面で「メールアドレス」と「パスワード」を入力してから「ログイン」をクリックしてください。

↓ログインした後、「ドメイン管理」⇒「ご契約ドメイン一覧」の変更するドメインの「ドメイン管理」をクリックしてください。

↓「ドメインパネル」が開きますので「ドメイン設定メニュー」⇒「ネームサーバー設定」⇒「ネームサーバーの確認・変更」をクリックしてください。

↓「ネームサーバー確認」画面が開きますので「ネームサーバーを変更する」をクリックしてください。

↓「ネームサーバー直接編集」画面が開きますので、「Hostinger」から届いたメールの「サーバー情報」に記載されているネームサーバーを「ネームサーバー1」から「ネームサーバー4」に入力し「ネームサーバーの変更(確認)」をクリックしてください。

↓メールに以下のようなネームサーバーが確認できるはずです。

Nameserver 1: ns1.hostinger.jp 31.170.163.241
Nameserver 2: ns2.hostinger.jp 31.220.23.1
Nameserver 3: ns3.hostinger.jp 173.192.183.247
Nameserver 4: ns4.hostinger.jp 31.170.164.249

↓確認画面が表示されますので、問題がなければ「ネームサーバーの変更(確定)」をクリックしてください。

s

↓「ネームサーバーの設定を変更しました」と表示されます。これでネームサーバーの変更は完了です。

今回は「Xdomain」で説明しましたが、他のドメイン会社でもネームサーバーを変更することに関しては一緒です。該当箇所に「Hostinger」用のネームサーバーを入力してください。

WordPressのインストール!

ネームサーバーの変更も完了しましたので、ここから「WordPress」をインストールしたいと思います。「Hostinger」に戻ってもらってログインし「管理画面」のトップを開いてください。

↓「管理画面」のトップの「ホームページ」⇒「自動インストール機能」をクリックしてください。

s

↓「自動インストール」の画面が開きますので「コンテンツマネジメント」⇒「WordPress」をクリックしてください。

s

↓「新たなインストール設定」画面が開きますので必要情報を入力し「インストール」をクリックしてください。

【URL】
「WordPress」をインストールしたいフォルダがあれば、入力して指定してください。通常にインストールする場合は特に何も入力する必要はありません。

【言語】
日本語を選択してください。

【管理者ユーザー名】
「WordPress」の管理画面へログインする「ユーザー名」になります。

【管理者パスワード】
「WordPress」の管理画面へログインする「パスワード」になります。

【管理者Eメール】
管理画面用のメールアドレスです。

【ホームページタイトル】
ホームページのタイトルを入力してください。

【ホームページ・タグライン】
私は特別、何も入力していません。

↓「WordPress」がインストールされたのが確認できます。以上でインストール完了です。

WordPressの画面を確認!

↓サイトにアクセスして、「WordPress」がインストールされているかどうか確認してみます。以下のように問題なく表示されています。「ネームサーバー」を変更した直後は、表示されない可能性もあります。その時は、少し時間を置いてください。

後は自分の使いやすいテーマに入れ替えたり、必要なプラグインを導入しカスタマイズしてください。多分、大丈夫だと思いますが、私がカスタマイズした時は、プラグインの導入が上手くいかないケースがありました。後でやり直したら、問題なく導入できました。

最後に!

管理画面の全ての機能を試したわけではないですが、ホームページを運営するための機能は十分に用意されています。下手に無料ブログを使うより、独自ドメインだけ取得して「Hostinger(ホスティンガー)」を使った方が、メリットは大きいと思います。

無料なのに、広告や強制バナーが付かないのもいいですね。今後、使用していく中で、この機能は使った方がいいと思うものがあれば、都度、ご紹介するようにします。

以上「無料サーバーのホスティンガーはサテライトサイトに最適!」でした!

それではまた。

コメント