経営者目線を社員に求める経営者は信用できない!経営者として無能と言っているのと同じ!

独り言

経営者目線を社員に求める経営者に対する本音を語ります。

先に結論を伝えると経営者として怠慢であり責任放棄、さらに自分は無能と言ってるのと同じと考えています。

経営者目線を社員に求める経営者に聞きたい3つのこと

私が経営者に聞きたいのは、

  • 全社員に現場のルールを変える権限を与えるのか
  • 経営者と同じぐらいの給料を渡すのか
  • 社員の権利について

の3つです。

各項目の内容を確認してみましょう。

【経営者に聞きたいこと.1】全社員に現場のルールを変える権限を与えるのか

経営者には現場のルールを変えれる権限があります。ならば全社員にその権限を与えるんでしょうか。

各社員が勝手に判断して勝手にルールを変更したら現場は大混乱です。何のために中間管理職がいるのか分からなくなります。

権限を与えないと言うなら、何のための経営者目線なんでしょうか。

【経営者に聞きたいこと.2】経営者と同じぐらいの給料を渡すのか

経営者目線を求めるなら、給料は経営者並みに渡すんでしょうか。

経営者は会社の中でトップクラスの給料です。なぜトップクラスなのかと言うと、誰よりも責任のある業務を受け持っているからです。

それと同じ責任を社員に求めるなら、給料も経営者並みでないと辻褄が合いません。

【経営者に聞きたいこと.3】社員の権利について

根本的に経営者と労働者である社員は立場が違います。

例えば、

  • 経営者は会社が第一ですが、社員は自分の生活や家族が第一
  • 会社の経営が傾けば、経営者は必死に働きますが、社員は会社から逃げ出す権利がある
  • 経営者は社員に有給休暇を取らせたくないけど、社員は取りたい

など経営者と社員の利益は明らかに違います。

どう考えても社員に経営者目線を求めるのは無理がないですか。

社員が経営者の目線を持って仕事をするのであれば、経営者は何をしてるんですか。

 

経営者には、上記について説明して欲しいです。社員を納得させる答えを持っているんでしょうか。

もし現場のルールを変える権限を渡さない、給料も上げない、経営者と同じ責任だけを求めるなら、それはブラック企業の考え方です。

さらに最初にお伝えした通り、経営者として無責任であり怠慢です。無能と思われても仕方ありません。

経営者に騙されて社畜化させられないように注意

結局のところ、経営者は社畜として都合良く働く社員が欲しいだけです。立場と給料以上の責任は求めるけど、恩恵は与えないと言っているのと同じです。

もちろん給料分を働くのは当然ですし、社員が経営者目線を持って仕事をするのは、とても大事なことですが、命令されるのと自主的に持つのでは意味合いが違います。

社員に社畜化を求める経営者のいる会社なんて、すぐに辞めた方が良いです。いずれ心が壊れてしまいます。その結果、自分の周りにいる大事な人も傷付けてしまいます。

以上「経営者目線を社員に求める経営者は信用できない!経営者として無能と言っているのと同じ!」でした。

それではまた。

コメント