Google Maps APIのAPIキーを取得する流れを解説!

google

Google Maps APIのAPIキーを取得する流れを分かりやすく解説します。

Google Maps APIのAPIキーを取得する流れ!

Google Maps APIを利用するためには、APIキーの取得が必要です。以前は、APIキーを設定していなくても使用できましたが、2016年6月より、APIキーの取得が必須となりました。

APIキーを設定せずにGoogleマップをサイトに埋め込んでいた場合、マップが表示されなくなりますので、ご注意ください。

それでは、具体的に流れを確認してみましょう。

Googleアカウントを作成!

前提条件として、Googleアカウントが必要です。アカウントを持っていない人は、最初に取得してください(Googleアカウント取得の流れは省きます)。

↓以下のURLから作成してください。

>>Google アカウントの作成

Google APIsのサイトにアクセス!

Googleアカウントを作成したら、Google APIsにアクセスしてください。

↓画面が開いたら「利用規約の更新」の「利用規約」のチェックと「居住区」の選択、「最新情報をメールで通知」を任意で選択し「承諾する」をクリックしてください。

↓「新しいプロジェクト」のページが開きますので「プロジェクト名(※)」と「プロジェクトID(※)」を決めて、「作成」をクリックしてください。最初は仮のプロジェクト名とIDが記載されていますので、分かりやすく編集してください。

↓「APIとサービス」のページが開きます。サービスを開始するため「APIライブラリ」をクリックしてください。

↓「Maps JavaScript API」のページが開きます。「有効にする」をクリックしてください。

↓「Maps JavaScript API」を有効にすると「指標」「割り当て」「認証情報」というタブのあるページが開きますので、「認証情報」をクリックしてください。

↓「認証情報」のページが開きますので「認証情報を作成」をクリックしてください。

↓「認証情報を作成」の「APIキー」をクリックしてください。

↓「APIキーを作成しました」と表示され、自分の「APIキー」が作成されています。

「APIキー」に制限の設定をする!

「APIキー」の不正使用や割り当ての盗用を防ぐためにキーを制限します。基本、設定したサイトでのみキーを利用できるようにします。

↓「APIキーを制限」をクリックしてください。

↓「アプリケーションの制限」を「HTTPリファラー(ウェブサイト)」に選択し、下の欄にホームページのURLを入力してください。最後にアスタリスク(*)を入れ忘れないように、ご注意ください。

Googleマップは、1ヶ月に28,000回までは、無料で地図を表示させることができます。ですが、それ以上になると有料になってしまいますので、不正利用されないように制限設定が必要です。

トップページでのみキーを使用する場合 例) http://abc.com/
サイト全体でキーを使用する場合 例) http://abc.com/*

↓「キーの制限」に問題がなければ「保存」をクリックしてください。設定が反映されるまで5分ほど掛かります。

↓「制限事項」に「HTTPリファラー」の制限が掛かっていることが確認できます。

 

以上が「APIキー」の取得の流れになります。取得した後に、必ずキーに制限設定を行ってください。

最後に!

Googleの仕様に振り回されるのはウンザリですが、臨機応変に対応するようにしましょう。

以上「Google Maps APIのAPIキーを取得する流れを解説!」でした!

それではまた。

コメント