評価が下がりそうな被リンクをリンク否認ツールで無効化させる!

こんにちは!

ブログを1年以上運営していくうちに、当ブログを紹介してくれる被リンクが少しずつ増えてきました。こんな弱小ブログを紹介して頂けるなんて有難い話です。本当に有難うございます!

ただ「Googleウェブマスターツール」で当ブログへの被リンクをチェックしてみると、「このリンク元のサイト、ちょっと怪しいような・・・」と思ってしまう被リンクなどもありました。

紹介してもらえるのは有難いのですが、明らかに変なサイト(ブラックリストに登録されているようなサイト)や、「Google」にペナルティを受けているようなサイトからリンクを貼られると、自分のサイトの評価が落ちる可能性があります。

出来れば、そのサイトからのリンクは解除、もしくは無効化させたいですね。そんな時に使用するのが「Google」が提供している「リンク否認ツール」です。今回はこの「リンク否認ツール」について記事にしたいと思います。

何のために使うツール?

「Google」が提供しているツールの一つで、自分が運営しているサイトやブログに貼られているリンクがスパムの疑いがあったり、低品質だったりした場合、そのリンクの評価を無効化してくださいと「Google」に通知できるツールになります。

ただし使う時には十分に注意が必要です。少なくとも「Google」が何のためにこのツールを提供しているのかは知っておく必要があります。

「Google」のスタンス!

「Google」の「ウェブマスター向け公式ブログ」で「リンク否認ツール」について記事があり、基本的には手動ペナルティを受けた時に対応するためのツールとして説明されています。

この新しいツールは、サイトへの不自然なリンクを理由に手動によるスパム対策が実施されているというメッセージがGoogle から届いた際に、ウェブマスター向けガイドライン違反となる箇所の違反状態を解消するためにお使いいただけます。サイトへの不自然なリンクに関するメッセージが届いていない場合は、このツールを使う必要はありません。

引用元:サイトへの不自然なリンクを否認する新しいツールの提供を開始しました

そして「リンクの否認ツール」の「Q&A」では、ツールの意図や必要性を理解していない場合は使うべきでないとなっています。ただ、スパムの疑いのあるリンクや低品質なリンクが原因でペナルティを受けている可能性があれば、「リンク否認ツール」を使うことを推奨しています。

ほとんどのサイトではこのツールを使用する必要はありません。このツールの用途や必要性を理解していない場合は使用しないことをおすすめします。

スパムの疑いのあるリンクや低品質なリンクを設定したことが原因ではないかと思う場合は、サイトへのリンクを調査し、Google のウェブマスター向けガイドラインに違反するリンク プログラム などによるリンクを否認することをおすすめします。

引用元:リンクの否認ツール:Q&A のご紹介

以上のことから、むやみに使うツールではなく、使わざるを得ないようになった時に使うツールだと言えます。「リンク否認ツール」を使ってみようと考えている方は必ず引用元の「ウェブマスター向け公式ブログ」の記事をチェックしてください。

それでは実際に「リンク否認ツール」を使うために、ドメインを調べてみたいと思います。

「Googleウェブマスターツール」でチェック!

まずは「Googleウェブマスターツール」から被リンクのチェックをします。

ご存知だとは思いますが「Googleウェブマスターツール」にサイトを登録していれば、そのサイトが受けている被リンクをチェックすることができます。

被リンクチェックの手順!

↓以下のURLより「Googleウェブマスターツール」にログインして下さい。

↓登録しているサイトの一覧が表示されますので、該当のサイトをクリックしてください。

↓「サイトのダッシュボード」の「検索トラフィック」⇒「サイトへのリンク」をクリックして下さい!

↓「サイトへのリンク」画面が開き、「総リンク数」「リンク数の最も多いリンク元」「最も多くリンクされているコンテンツ」「データのリンク設定」の確認ができますので、「リンク数の最も多いリンク元」の「詳細」をクリックしてください。

↓当ブログにリンクをしてくれているドメインの一覧が確認できます。

↓ドメインの一覧をチェックすると、海外のサイトだと思うのですが、ちょっと怪しいサイトがありました。

↓サイトの情報を調べるために「aguse.jp」で調べてみたいと思います。「aguse.jp」にアクセスしたら、調べるサイトのURLを入力し「調べる」をクリックしてください。。

↓サイトを調査した結果が表示されます。特に問題がなさそうかなと思ったら、一番下にある「その他の情報」の「ブラックリスト判定結果」で一部ブラックリストに掲載されています。

せっかく被リンクを貼ってくれて申し訳ないですが、サイトの評価が落ちる可能性がありますので、ブラックリストに掲載されているサイトからの被リンクは無効化したいと思います。

「リンク否認ツール」を使う前にやること!

「リンク否認ツール」を使う前にやることですが、まずはリンク元の運営者に削除依頼をお願いしましょう。

基本的には、使わざるを得ない時に使うツールなので削除依頼で対応できるなら、そちらの方が良いです。対応してもらえなった場合や、海外のサイトの場合はどうすることもできないので、「リンク否認ツール」を使います。

今回は海外のサイトなので、「リンク否認ツール」を使いたいと思います。

「リンク否認ツール」の使い方!

それでは「リンク否認ツール」を使ってみましょう。

最新のリンクをダウンロードする!

↓「Googleウェブマスターツール」にログインし、登録しているサイトの一覧から該当ブログを選択し、「サイトへのリンク」をクリックしてください。

↓「サイトへのリンク」画面が開きますので、「リンク数の最も多いリンク元」の「詳細」をクリックしてください。

↓当ブログにリンクをしてくれているドメインの一覧が確認できますので、「最新のリンクをダウンロードする」をクリックしてください。

↓「ダウンロードの形式の選択」画面が表示されますので、「CSV」もしくは「Googleドキュメント」を選択し「OK」をクリックしてください。今回は「CSV」でダウンロードします。

↓自分のサイトにリンクを貼っているサイトのページが記載された「CSV」ファイルがダウンロードされますので、この「CSV」ファイルを参考にして、否認するリンクのみを含むテキストファイル(ファイル形式は .txt、エンコードは UTF-8 または 7-bit ASCII)を作成してください。今回は以下のように作成しました。作成方法については「ウェブマスター向け公式ブログ」の「リンクを否認する」をチェックしてください。

# abc.com の所有者に 2014 年 10 月 26 日に連絡し
# リンクの削除を依頼したが回答なし
domain:abc.com

否認するリンクのリストをアップロードする!

先ほど作成したリンクのテキストファイル(例:abc.txt)をアップロードしますので、リンク否認ツールページへアクセスしてください。

↓「リンク否認」ページが開きますので、該当のサイトを選択し「リンクの否認」をクリックしてください。

↓ファイルを選択するために「リンク否認」をクリックしてください。

↓ファイルを選択画面が開きますので、ファイルを選択し「送信」をクリックしてください。

↓ファイルをアップロードが完了すると以下のような画面が表示されます。最後に「完了」をクリックしてください。

以上で完了です。効果が出るまでは、テキストファイルのリンクを検索エンジンが再クロールし、再インデックスされた後になるので、数週間ぐらい掛かると思います。

最後に!

自分が悪いことをしてサイトの評価が下がるのは自業自得ですが、リンクを貼られただけで評価が下げられるのは納得できません。そういった状況になった時は、「リンク否認ツール」を使って対応しましょう。

ただし慎重に使ってください。間違って良質な被リンクを無効化してしまうとサイトの評価が落ちて、検索順位が落ちる可能性があります。

そして「リンク否認ツール」は気軽に使っていいツールではありません。使う前に、まずはリンクの運営者に削除を依頼するなど、削除を試みた上で無理だった場合に使用してください。

以上「評価が下がりそうな被リンクをリンク否認ツールで無効化させる!」でした!

それではまた。

コメント