Google Analyticsで警告メッセージ?「Universal propertiescreated…」って何?

こんにちは!

昨夜「Google Analytics」を見ていると「Google Analytics」の上部に妙なメッセージが表示されていました。

↓こんなメッセージです。警告マークがちょっと嫌です。

見た瞬間、

「え?何もしてないのに、このメッセージは何?」

とちょっと焦ってしまいました。
こんなメッセージが届くのは初めてですからね。
そりゃ、焦ります。

何も悪い事はしていないけど、何らかの規約違反でもしてしまったのかと思い、何のメッセージなのか、調べてみると内容が分かりました。

メッセージを訳すとこんな内容!

↓メッセージ原文

Universal properties created prior to December 2013 may temporarily report doubled Visits counts between the hours of 0500-0800 in the View timezone. This issue corrects itself automatically. We are working on a fix to address this issue as soon as possible.

↓日本語訳

2013年12月以前に作られたユニバーサル・プロパティでは、ビュー・タイムゾーンに表示される時間帯が 0500-0800 の間である場合、今のところ、ビジット・カウントに本来表示されるべき数値の倍の値が表示されますが、この現象は自動的に修正されます。現在、この問題を正すための作業をいたしております。

要は2013年12月以前の「Google Analytics」のデータにエラーが発生しているとの事。つまり運営しているサイトには何の問題もないという事ですね。

「良かった…」

ペナルティを加えられて、泣きそうに作業した人を何人か知っているので正直、ホッとしました。ただ、こんなあからさまに危険そうなメッセージって、まぎらわしくないですか?英語が読めれば、すぐに状況を把握できますが、分からない人からすれば、メッセージの意味を理解するのだけで大変です。しかもメッセージに警告マークまで付いてますから!

Googleさん、もう少しビックリさせないようなお知らせをお願いします。

最後に!

ペナルティ関連じゃなくて本当に良かったです。

でもGoogleからの警告メッセージでこんなに焦るっていうのは、それだけWEBの世界では、Googleの力は絶大なんですね。分かっていたつもりですが、改めて感じました。

安心したので、今日は天気も良いですし、大阪天満橋の桜の通り抜けにでも行ってこようと思います。

以上「Google Analyticsで警告メッセージ?「Universal propertiescreated…」って何?」でした!

それではまた。

google
スポンサーリンク
社会不適合者のWEBフリーランス生活をフォローする
社会不適合者のWEBフリーランス生活

コメント