分からない事をWEBで上手く調べられない原因は?

こんにちは!

先日、表題の内容をちょっと考える機会がありました。備忘録として、軽く記事にしておきたいと思います。

結論を先に言うと、私の答えは「検索力」が不足していることだと思います。

検索力とは?

欲しい情報を探す時に「google」や「yahoo!」で検索をかけます。すると膨大な情報がでてきますよね。その中から自分の欲しい情報を見つけだす力が「検索力」です。WEBの世界で生きていきたいなら絶対に必要な能力です。

WEBの初心者やパソコンが得意でない方など、スキルに不安のある方ほど「検索力」の不足が感じられます(当然ですが)。偉そうなことを言ってますが、私も「検索力」がある方だとは思っていません。それでも実際に調べて「WEB上で答えが見つかる内容なのか?」それとも「より詳しい人に聞かないと分からない内容なのか?」の判別はつきます。本当に分からない内容だけ、より詳しい人に相談します。そうしないと詳しい人に分からない内容を丸投げしていたら、その人は仕事になりませんからね。

なら「検索力」を上げるにはどうしたらいいんでしょうか。

検索力を上げるためには?

私はひたすら検索しました。分からないことは自分でひたすら検索です。ただひたすら検索はしましたが「キーワード」は常に意識して検索していました。

「キーワード」を常に意識する!

「検索力」が不足している人ほど、「キーワード」が具体的じゃないように思います。極端な例ですが「WordPress」で「カテゴリーの並べ替え」ができる「プラグイン」を探す時に検索する「キーワード」は「WordPress カテゴリー 並べ替え」などになると思います。ですが「検索力」が不足している人は「WordPress」とか「WordPress プラグイン」とか、ちょっとずれた検索をしている人がほとんどです。

正確な「キーワード」で検索できない人は、サイト作成時の「キーワード」の選定や「SEO」についての話はお客さんとできません。どんな「キーワード」なら、自分の欲しい情報が得られるのか常に意識しましょう。サイト作成のクオリティアップにもつながると思います。

制作のスキルはありますが「検索力」が不足している人もいます。そういった方もやはり「キーワード」を具体的にイメージできていないのだと思います。

時間は区切る!

調べる時間は区切ったほうがいいですね。丸一日ずっと調べるとなると業務に支障がでますので、1時間なのか30分なのか時間を区切って、その間は集中して検索します。時間を区切っていた方が「検索力」の向上につながると思います。

検索の技を知る!

「AND検索」「OR検索」「キーワードの除外」などの技をご存知でしょうか?

AND検索

「WordPress html css」を検索すると「WordPress」と「html」と「css」の全ての「キーワード」を含むものだけが表示されます。

OR検索

「WordPress OR html css」というキーワードだと「WordPress」または「html」というキーワードのどちらかと「css」を含む検索結果が表示されます。

キーワードの除外

キーワードの前に「-(マイナス)」を記述すると、そのキーワードが除外されます。「WordPress -html」なら「WordPress」から「html」を除外した結果が表示されます。

上記のような検索の技を使いこなすのも「検索力」の向上につながると思います。

不慣れな時は、答えを見つけるのに時間が掛かって効率が悪いです。ですが、その時に見つかった答えは、ほぼ忘れないです。苦労して見つけた答えですからね。仮に忘れてしまったとしても、次はすぐに答えを見つけられます。

そうやって地道に日々「検索力」を磨いていくしかないんじゃないかなと思います。

最後に!

今までWEBに関わってきた先人たちのおかげで、欲しい情報の8割~9割はWEB上で見つかると思います。そんな貴重な情報(お宝の山)を活用できるかどうかは自分次第です。基本的に仕事ができる人たちは、その情報を活用できている人たちです。あなたの周りにいる仕事ができる人たちも全て「検索力」が高いはずです。

適切な「キーワード」で検索し、自分で答えを見つけることが何より大事です。伝わる人に伝わればと思います。

以上「分からない事をWEBで上手く調べられない原因は?」でした!

それではまた。

コメント