【個人事業主(フリーランス)必見!】国民年金の付加年金で将来の年金額を増やせる!国民年金に月400円プラスするだけ!

国民年金

個人事業主やフリーランスの人は毎月16,540円(令和2年現在)の国民年金を支払っているはずです。

この国民年金に付加年金として月400円プラスするだけで、将来の年金額を増やせます。しかも年金を受け取るようになってから、たった2年で支払った分の元が取れます。

絶対に知っておいて欲しい情報なので、私が国民年金の不可年金に加入した流れを解説します。ぜひ参考にしてみてください。

不可年金の加入手続きは、とても簡単でした。

付加年金とは?

毎月支払っている国民年金に一律400円プラスすることで、将来受け取れる年金額を増やせる制度です。

付加年金の加入条件は?

付加年金の加入条件は、

  • 国民年金第1号被保険者
  • 任意加入被保険者

のどちらかが対象です。

国民年金保険料の支払いを免除されている人や、国民年金基金に加入している人は付加年金には加入できません。

国民年金第1号被保険者とは?

日本在住の20歳~60歳未満で、

  • 自営業者
  • 農業、漁業者
  • アルバイト、パート
  • 学生および無職の人とその配偶者

です。

個人事業主やフリーランスの人はこの「国民年金第1号被保険者」に該当します。

会社勤めをしているサラリーマンは該当しません。

任意加入被保険者とは?

年金の受給資格期間を満たせていない60歳~65歳未満の人です。

本当に付加年金は2年で元がとれる?

本当に2年で元が取れるのか計算してみます。

付加年金は、

  • 毎月の国民年金16,540円 + 付加年金400円

の支払いとなります。

この付加年金の支払い月数が多いほど国民年金にプラスされる年金が多くなります。

具体的な計算方法は、

  • 付加年金を支払った月数 × 200円

です。

例) 付加年金を20年支払った場合

付加年金を20年支払った場合、トータルで「96,000円」の不可年金を支払うことになります。

  • 240ヶ月(20年) × 400円 = 96,000円

この支払った月数から受け取れる年金が、

  • 240ヶ月 × 200円 = 48,000円

となり、2年で元が取れる計算です。

生きている限り、毎年48,000円が支払われます。

付加年金にもデメリットはある?

付加年金で考えられるデメリットは、

  • 年金受給前に亡くなると全く支給されない
  • 年金の繰り上げ受給をすると減額される

などです。

年金受給が始まってから3年以上は生きていないと損をしてしまいますし、60歳から繰り上げ受給をすると付加年金は減額されます。

デメリットも十分理解した上で、申し込みするようにしてください。

付加年金の手続きの流れ

付加年金の手続きの流れは、

  1. 市区町村の年金課の窓口で付加年金を申し込みしたいことを伝える
  2. 年金手帳の確認
  3. 国民年金付加保険料納付の記入
  4. これで完了

の4ステップです。

【ステップ.1】市区町村の年金課の窓口で付加年金を申し込みしたいことを伝える

お近くの市区町村の年金課の窓口で付加年金を申し込みしたいことを伝えると「国民年金付加保険料納付」の用紙が手渡されます。

↓以下のような用紙です。

付加年金の手続きに必要な持ち物

手続きに必要な持ち物は、

  • 年金手帳
  • 身分証明書(特に確認はありませんでした)
  • 印鑑(特に使用しませんでした)

の3点です。

特に年金手帳は絶対に忘れないようにしてください。用紙には基礎年金番号を記載する項目がありますし、窓口で年金手帳の確認もあります。

身分証明書の確認や印鑑の使用はしませんでしたが、市区町村によっては必要になる可能性もあるので、必ず持参するようにしましょう。

【ステップ.2】年金手帳の確認

身分証明も兼ねて、年金手帳の確認があります。

【ステップ.3】国民年金付加保険料納付の記入

国民年金付加保険料納付に記入する内容は、

  • 申出に丸印
  • 年金手帳の基礎年金番号の記入
  • 生年月日の記入
  • 付加納付申出に丸印をし、年月日を記入
  • 名前と住所の記入
  • 署名(申出年月日と名前)の記入・・・印鑑は必要ありませんでした。

となります。

↓国民年金付加保険料納付の記入例です。

【ステップ.4】これで完了

記入した国民年金付加保険料納付を窓口に提出し、記入ミスがなければ完了です。手続きは約10分ほどで終わりました。

後日(約1ヶ月後ぐらい)、日本年金機構から「国民年金付加保険料納付申出受理通知書」が送られてきて、正式に手続き完了です。

付加保険料の納付は、申し込んだ月からスタートとなります。

最後に

個人事業主やフリーランスの人で、将来の年金額を少しでも増やしたい人は付加年金をオススメします。毎月400円の支払いで済むので、それほど負担も掛からないはずです。

余裕のある分を付加年金に回すべきなので、400円の支払いが厳しい人には付加年金はオススメしません。

以上「【個人事業主(フリーランス)必見!】国民年金の付加年金で将来の年金額を増やせる!国民年金に月400円プラスするだけ!」でした!

それではまた。

コメント