サイトによって被リンクを受け入れられるキャパシティがある?

公開日:2014年8月26日
最終更新日: 2015年2月25日

seo_capacity_photo_01

こんにちは!

私があるメインサイトを新規で作った時に、サテライトサイトより被リンクを送ると最初は急激に検索順位が上がったのですが、それを繰り返していると、ある一定の段階で全く効果がなくなり、最期には検索順位が圏外へ飛んでいってしまいました。

しかし公開してから数年のコンテンツボリュームも多いサイトの場合、同じ被リンク数を送っても検索順位は上位のままで、圏外には飛んでいません。どうやらサイトの運営年数やコンテンツの量や質、「Google」のサイトの評価によって、被リンクを受けれるキャパシティが違う感じです。

今回はこのサイトの被リンクを受け入れられるキャパシティについて記事にしたいと思います。

目次!

1.被リンクを受けれるキャパシティとは?
2.サイトのキャパシティを広げる方法!
3.キャパを超えそうなサイトに被リンクを送る方法!

被リンクを受けれるキャパシティとは?

新規ドメインと新規サーバーでサイトを作った時に、そのサイトは「Google」には全く評価されていません。誰からもアクセスされていないサイトが評価される訳がありませんので、被リンクを受けるのは、あまりにも不自然です。

要はこの段階では、サイトの被リンクを受け入れられるキャパシティは「0」ということです。キャパが「0」なのに、リンクを送るようなことをすると、当然受け入れられずキャパオーバーとなり、結果「Google」からペナルティを受けることになります。何度、リンクを送っても検索順位が上がらないので、さらにリンクを送り続け状況をさらに悪くしてしまうケースです。私の圏外に飛んだサイトも同じケースだったと思います。

サイトのキャパシティを広げる方法!

ならば、どのようにしてサイトのキャパシティを広げれば良いのでしょうか。答えは難しいですが簡単です。少しずつユーザーの役に立つコンテンツを増やしていけばいいんですね(私は質の良いコンテンツを作るのが苦手なので難しいですが)。

ユーザーに役立つコンテンツを増やしていくことで、ユーザーから被リンクを受け「Google」からの評価が高まり、被リンクを受け入れられるキャパシティが広がっていくイメージです。

「Google」から評価されているコンテンツの量や質と、被リンクを受け入れられるキャパシティは比例しているように思います。キャパを広げたければ、コンテンツを増やし「Google」から評価を受けるしかないんですね。

キャパを超えそうなサイトに被リンクを送る方法!

キャパを超えそうなサイトに被リンクを送りたい場合は、直接メインサイトへリンクを貼るのではなく、2階層目のサテライトサイトへまとめて貼り、サテライトサイトを通してメインサイトへリンクのパワーを送る方法がベストではないかと思います。まとめてリンクを貼ったサテライトサイトがペナルティを受ければ、メインサイトへのリンクを外せば良いですからね。

seo_capacity_photo_02

最後に!

今まであまり自作自演リンクをしたことがなかったので、今回の出来事はちょっと新鮮でした。圏外に飛んだのは実験も兼ねていたサイトだったので、サイトに見合わない被リンクは危険だということが分かり、良い勉強になりました。

やっぱり最後は「ユーザーに支持される良いコンテンツを作りなさい」となるんですね。そもそも自作自演でブラックなやり方をするなということでしょうか。でも実際に自分で試してみないと気が済まないので、もう少し自作自演を続けてみます。

以上「サイトによって被リンクを受け入れられるキャパシティがある?」でした!

それではまた。

公開日:2014/08/26
最終更新日: 2015年2月25日
カテゴリー:SEO

関連記事

新着記事

コメント/トラックバック

トラックバック用URL:

この投稿のコメント・トラックバックRSS




管理人にのみ公開されます

正しい数値を入力して下さい * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

最新の記事

カテゴリー

過去の記事

プロフィール

  • 著者:Masaki Yamashita

    大阪でWEB制作の仕事をしています。
    WEBデザイン、コーディング、WordPress・EC-CUBEの設置やカスタマイズなど何でもやっています。

follow us in feedly