Pocketに保存された記事やその保存数が分かる「Pocket for Publishers」に登録!

公開日:2014年8月11日
最終更新日: 2015年2月25日

pocket_photo_01

こんにちは!

今やどのブログを見ても「Pocket」のボタンが設置されています。
私もこの機能を気に入っていて毎日、興味のある記事を「Pocket」に保存しています。

ある時、当サイトの記事はどれだけ「Pocket」に保存されているのか気になりました。チェックする方法がないものか調べてみると、「Pocket」には「Pocket for Publishers」という機能があり、この機能に登録することによって、「Pocket」に保存された記事やその保存数、その記事の開封率などが分かります。

今回はこの「Pocket for Publishers」について記事にしたいと思います。

目次!

1.「Pocket for Publishers」に登録!
2.実際に解析情報を確認してみる!

「Pocket for Publishers」に登録!

それでは「Pocket for Publishers」に登録してみたいと思います。
この時点で「Pocket」にログインしておいてください。

まずは以下のURLから「Pocket for Publishers」にアクセスしてください。

以下の画面が表示されますので「Request Access」をクリックしてください。

pocket_photo_02

サイトの情報を入力する画面が表示されますので、必要事項を入力後に「Request Access」をクリックしてください。

pocket_photo_03

【Site URL】
「Pocket」ボタンを設定しているサイトのURLを入力してください。

【Site Name】
サイト名を入力してください。

【Site Twitter Account】
サイトの「Twitter」アカウントを入力してください。なければ空白で構いません。

【Your First Name】
名前を入力してください。私はアルファベットで入力しました。

【Your Last Name】
苗字を入力してください。私はアルファベットで入力しました。

【Your Title】
登録するサイトとの関係という意味みたいです。私はサイトタイトルを入力しました。

【Work Email】
メールアドレスを入力してください。認証が完了したらこのメールアドレスにメールが届きます。

【I am authorized to act on behalf of the site|entered.】
チェックしてください。

サイトの認証方法を「html」ファイルをアップロードするか「tag」を入力するかを選ぶことができます。今回は「html」ファイルで認証するので、「Verify by uploading a file」をクリックしてください。

pocket_photo_04

「1.Download the verification file」の「Download」をクリックしてください。「html」ファイルがダウンロードされますので、FTPソフトで登録するサイトのトップページと同じフォルダにアップロードしてください。そして最後に「3.Verify」の「Verify Site」をクリックしてください。

pocket_photo_05

以下の画面が表示されると登録は完了です。

pocket_photo_06

後は「Pocket」からメールが届くのを待ちます。
数日でメールが届くとのことでしたが、私の場合はどういうわけか1ヶ月ぐらい掛かりました。

こんなメールが届きますので「Go to your dashboard and publisher tools.」をクリックしてください。

pocket_photo_07

「Pocket for Publishers」のトップページが開き、解析情報が見れるようになっています。

pocket_photo_08

実際に解析情報を確認してみる!

それでは実際に確認していきたいと思います。

トップに表示されている「Recent Snapshot」の部分ですが、全記事の開封率が「20%」で記事の平均寿命が「8日」であることが確認できます。もうちょっと開封率を改善したいですね。

pocket_photo_09

「Top Content」では各記事の「Saved Rank」と「Impact Rank」が確認できます。「Saved Rank」は保存数で「Impact Rank」は「Pocket」独自の人気の指標なのではないかと思います。「Saved Rank」と「Impact Rank」をクリックすることでランキングを切り替えることができます。

pocket_photo_10

記事の見出しをクリックすると各記事の解析情報が表示されます。今回は「Saved Rank」の2番目の記事の見出しをクリックしました。

pocket_photo_11

以下の画面では、記事が保存された日付や開封された日付が確認でき、開封率や記事の寿命などもチェックできます。

pocket_photo_12

【TOTAL SAVES】
「Pocket」に保存された数を確認できます。

【TOTAL OPENS】
保存された記事の開封数が確認できます。

【OPEN RATE】
記事の開封率になります。

【ESTIMATED LIFESPAN】
記事の寿命になります。

保存した数より、開封された数が多い時は、2度開封されたということだと思います。

最後に!

「Pocket for Publishers」に登録することによって、アクセス解析に役立てそうな情報を知ることができました。結果を見ると思った以上に保存されていたことと、「Pocket」に保存するだけで、後で読まれないケースも多いことが分かりました。ブックマークとして「Pocket」を利用されている方も多いのかもしれません。

ただこのまま記事が埋もれてしまうのも嫌なので、保存されるだけでなく、その時に時間を取って読んでもらえるような記事を投稿できるように今後は頑張りたいと思います。

以上「Pocketに保存された記事やその保存数が分かる「Pocket for Publishers」に登録!」でした!

それではまた。

公開日:2014/08/11
最終更新日: 2015年2月25日
カテゴリー:お勧めツール・ソフト

関連記事

新着記事

コメント/トラックバック

トラックバック用URL:

この投稿のコメント・トラックバックRSS




管理人にのみ公開されます

正しい数値を入力して下さい * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

最新の記事

カテゴリー

過去の記事

プロフィール

  • 著者:Masaki Yamashita

    大阪でWEB制作の仕事をしています。
    WEBデザイン、コーディング、WordPress・EC-CUBEの設置やカスタマイズなど何でもやっています。

follow us in feedly