Googleウェブマスターツールで古いキャッシュを削除してみました!

公開日:2014年2月25日
最終更新日: 2016年2月5日

google_webmastertool_photo_01

こんにちは!

お客さんから、過去に削除したページが検索結果のキャッシュに残ってしまっているので何とかして欲しいと連絡があったので、Googleウェブマスターツールからキャッシュを削除してみました。

確かに検索結果からリンクをクリックして、404ページが出てきたら、けっこうガックリしますよね。業種によっては信用にも関わると思うので、ページを削除した時には注意が必要です。

今まで一度も、URLの削除をリクエストをした事がなかったので、この機会に試してみたいと思います。

今回の削除依頼は「サイトの所有者」として依頼します。

手順!

Googleウェブマスターツールにログイン!

以下のURLよりGoogleウェブマスターツールにログインして下さい。

管理しているサイトの一覧が表示されますので、該当のサイトをクリックします。

google_webmastertool_photo_02

「サイトのダッシュボード」の「Googleインデックス」⇒「URLの削除」をクリックして下さい。

google_webmastertool_photo_03

「URLの削除」画面が表示されますので「新しい削除リクエストを作成」をクリックし削除するURLを入力し「続行」をクリックして下さい。

google_webmastertool_photo_04

「理由」を選択し「リクエスト送信」をクリックして下さい。今回は「検索結果とキャッシュからページを削除」を選択しています。

google_webmastertool_photo_05

一覧に「ステータス」が「保留中」になっているURLが表示されているのが確認できます。

google_webmastertool_photo_06

これで検索結果とキャッシュからページを削除する申請が完了しました。後は削除されるのを待つだけです。

ちなみに私が申請したキャッシュの削除は約1日ぐらいで対応されてました。

「表示」⇒「削除済み」で一覧を確認出来ます。90日以内であれば「再登録」をクリックするとページを再登録できます。私の場合は検索結果に戻ってきたのは、約1日ぐらいでした。

google_webmastertool_photo_07

最後に!

サイトを運営していれば、実際に対応しなければならない時が必ずあるはずですので、不要なページがあれば、実際にキャッシュの削除をしてみるのもよいかもしれません。

以上、「Googleウェブマスターツールで古いキャッシュを削除する方法」でした!

それではまた。

公開日:2014/02/25
最終更新日: 2016年2月5日
カテゴリー:google

関連記事

新着記事

コメント/トラックバック

トラックバック用URL:

この投稿のコメント・トラックバックRSS




管理人にのみ公開されます

正しい数値を入力して下さい * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

最新の記事

カテゴリー

過去の記事

プロフィール

  • 著者:Masaki Yamashita

    大阪でWEB制作の仕事をしています。
    WEBデザイン、コーディング、WordPress・EC-CUBEの設置やカスタマイズなど何でもやっています。

follow us in feedly