使用しているサーバーに503エラーが出た!

公開日:2014年4月5日
最終更新日: 2014年12月12日

web_503_photo_01

こんにちは!

先日、夜の22時ぐらいに自分が運営しているサイトを開いてみると、やたら開くのが遅い!

「相変わらずサイトの表示速度が遅いなぁ」と思っていると、今回はいつもとは違う。いつもなら遅いけど最終的にサイトが開くのに、今回は変なメッセージがサイトに表示される。

「503 Service Unavailable」!

「503エラー」が出ている。
最悪としか言いようがありません。

目次!

1.ちなみに503エラーとは!
2.主な原因!
3.現時点でできる「503エラー」を防ぐ対策は?

ちなみに503エラーとは!

【wikipedia】
サービス利用不可。サービスが一時的に過負荷やメンテナンスで使用不可能である。
例として、アクセスが殺到して処理不能に陥った場合に返される。

基本的にサーバーは同時にアクセスできるユーザー数に上限があります。
上限を超えると、サイトの閲覧に制限が掛かかるのが「503エラー」です。

主な原因!

瞬間的なアクセスが鬼のように集中!

瞬間的なアクセスが鬼のように増大し、その為に同時アクセスの制限数を超えてしまい閲覧に制限が掛かってしまう!

CMSやCGI、PHPにより一時的な負荷が鬼のように増大!

サーバーの問題というより、誰かが運営しているサイトがサーバーに鬼のような負荷をかけて制限が掛かってしまう!

サイトに「503エラー」が出るとデメリットしかありません。
今回は「503エラー」が出ていたのは数分でした。

「たった数分間ぐらい問題ないやろ」と思う方もおられるかもしれないですが、この数分間が致命的です。
この間にサイトに初めて訪れてくれた方は「503エラー」を見た瞬間、二度とサイトに訪れてくれません。

星の数程あるサイトの中で、自分のサイトに訪れてくれた大事な訪問者がこの数分間の「503エラー」の為に、二度と訪問してくれなくなります。
ビジネスサイトなら「お問い合わせ」や「商品購入」に繋がるかもしれません。みすみすビジネスチャンスを棒に振った可能性もあります。

管理しているお客さんのサイトに「503エラー」が出れば、確実に信用を失います。以上を確認してもらうと、事の重大さが分かってもらえると思います。

今回の「503エラー」はちょっと納得できなかったので、サーバー会社に問い合わせてみました。

すると以下の返答が。

○○ 様

この度はお問い合わせいただき、誠にありがとうございます。
カスタマーサービス △△ よりご案内いたします。

今回お問合せいただきました件に関しまして
○○様のご利用中のサーバー【□□】において
同じサーバーをご利用中のユーザー様のサーバーへ
大量のアクセスが発生し、サーバー上で著しい負荷をかけておりました。

該当ユーザー様には警告を行い
負荷の発生を防ぐため調整を行っており
現在負荷は軽減している状態でございます。

○○様には大変ご迷惑をおかけいたしまして、
誠に申し訳ございませんでした。

ほかに何かご不明な点がありましたら、
どうぞお気軽にお問合わせくださいませ。
今後とも△△をよろしくお願いいたします。

何が起こったの?これ。誰かが何かをやらかしたのか?

皆で使用している共用サーバーなので結局、
何かが起こってもどうする事もできないという事ですね。

現時点でできる「503エラー」を防ぐ対策は?

もっと良い共用サーバーを利用!

金額は多少高くても、スペックの高いサーバーを借りる!

専用サーバーを借りる!

自分の専用サーバーなので、共用サーバーよりは安心です。
ただ金額は共用サーバーより高いので、自分のサイトの規模やアクセス数と相談して最適なサーバーを選んだほうが良いと思います。

現時点での対応策は、こんな所でしょうか。

最後に!

サーバー代をケチって「503エラー」でビジネスチャンスを失うのは私の中では有り得ないので、サーバーの変更を視野に入れたいと思います。
サイト運営には色んなリスクがありますね。今回も一つ勉強になりました!

以上「使用しているサーバーに503エラーが出た!」でした!

それではまた。

【関連記事】
当ブログをXSERVERへ移転!その手順を記事にしました!

公開日:2014/04/05
最終更新日: 2014年12月12日
カテゴリー:その他

関連記事

新着記事

コメント/トラックバック

トラックバック用URL:

この投稿のコメント・トラックバックRSS




管理人にのみ公開されます

正しい数値を入力して下さい *
Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

最新の記事

カテゴリー

過去の記事

プロフィール

  • 著者:Masaki Yamashita

    大阪でWEB制作の仕事をしています。
    WEBデザイン、コーディング、WordPress・EC-CUBEの設置やカスタマイズなど何でもやっています。

follow us in feedly